CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
すっかり2018年ですね。

なんとか1月中に更新できました!

生きてます!元気です!(もうすっかり定番の生存報告。)

 

なんといっても今年は戌年☆彡

ライトくん! 君が主役ではないか〜(^o^)丿ヒャッホー♪←と騒ぐ割には1月下旬のブログ更新

 

ともあれババーン!とライトを!

でもライト自身は申年(サル年)なんですよね。

犬猿の仲っていうのに、犬が猿って、ちょっとおもしろいですね(笑)

 

話は変わって、今日もたっぷり波ともたわむれつつ、海辺を走りまくってました。

2018/1

 

そういえばこちらの海辺って、普段は小さい石がゴロゴロある感じなんですが、高波とか潮位が上がったときに波が石を運んで行ってしまうのか、定期的に砂浜になります。

去年の暮れから今にかけて、もっぱら砂浜になってます。

こんな感じ↓

 

2018/1

 

2018/1

ご覧の通り、波に浸かったりもするし、休むときにお腹を砂浜につけて伏せの恰好をするのでお腹と足元が砂でドロドロに。。。

 

ちなみに、石が多い時の砂浜はこんな感じ↓

2018/1

↑手前に石がゴロゴロしてますが、もっと波から遠くなると石だけになってこんな感じに↓

上の画像は去年の7月なのですが、今現在とは随分見え方が変わってきますよね!

 

砂浜のほうがライトの足のケガの心配がないし、なにより飼い主(私)も気まぐれに靴を脱いで裸足で走ったりするときに気持ちいいのですが、でも家に帰った後のケアを考えると、砂は細かいので落とすのが大変! 石のほうがだんぜん楽。。。

うーん悩ましい((+_+))

 

という感じで、相変わらずのんきで平和な湘南地方です。

冬のお天気の日は光がきれいなので海での時間はとっても癒されます(^o^)丿

 

今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

| - | 20:11 | - | - |
流血の多い12月。

というわけで、なぜか忙しい年の瀬に限ってけがをしています(>_<)

 

たいしたことはないのですが、先日料理をしている最中に左手の中指の爪を三分の一ほど切り落としてしまいました。

にんにくをスライスしようとして、抑えていたらバランスを崩した瞬間に包丁が中指の爪に刺さり、流血。

数日後にケガした部分の爪がはがれて、普段は爪に隠れている部分の皮膚を触る感触が新鮮でした♪

 

で、今日。

ライトのお散歩に行く途中に、でっぱりのあるアスファルトに足を取られて、それはもう、見事にすてーん! と転んじゃいました。

あ、別にライトに引っ張られたわけではなく、一人で勝手につまづいて派手に転んだのです。

とっさに手をついたので頭や顔は無傷でしたが、ダイエットが必要な体重が手のひらにかかったせいで、両手のひらをすりむいて、皮がむけて流血。

ライトにはぶつかることはなかったですが、倒れた私を心配して、ライトが「キューン、クーーン」と啼いて周りをウロウロ。

一人で転ぶのも恥ずかしいけれど、飼い犬に転んだところを見られるのもわりと恥ずかしかったです。

 

まだ海辺に到着する前だったのですが、血が出ているのでひとまず家に帰って、けがの手当てをしました。

いつも海辺で30分近く爆走するライトはもちろん消化不良。

散歩を初めて10分くらいのところで私が転んでしまったので、往復いれても20分くらいしか歩いてないのです。

なので手当てをして、両手はすりむいたところ以外も赤く腫れてしまったので手袋をはめて、もう一度散歩に出かけることにしました。

 

ところが。

ライトが家から出てこないのです。

玄関ドアを開けて、柵も開いて私が靴を履いて「さぁもう一回行こうか」と言っても、家の中から出てこない。

座ってこっちをみてるだけ。

いつもなら私がドアを開けるのをねだって飛びつき、玄関を開けるといそいそと出ていくライトが、どうも私が転んだのを心配しているようなのです。

「お散歩行かなくてもいいの?」と聞くと、家の中を走り回ってみせてニコッと笑う。(ように見える。)

アパート暮らしなので、走りたいなら海で走ってくれた方がいいんだけど、と思ったのですが、誘っても家からでないので今日はお散歩やめて家で休ませてもらうことにしました。

犬も心配するんですね。

オスだからもっと性格が単純で好きなことにまっしぐらなものかと思っていましたが、(いや、決してオスをバカにしてるわけじゃありませんよ?)、そういえば転んだ時もクンクンないて、海に行く道ではなく家に向かって歩き出していたなぁ〜と。

でもでも、飼い犬が心配してくれるなんて、なんだかちょっと嬉しい(*^^*)

 

ハッΣ(・ω・ノ)ノ!

 

たんなる惚気になってしまいました。

いや親バカ? どっちもか。

 

失礼しました〜。

 

| - | 12:21 | - | - |
お出かけ前の。。。

ハッΣ(・ω・ノ)ノ!

気づけば3か月も経ってる!!

生きてます!

元気です!!

 

えっともう今年最後の月に突入しましたね。

早いなぁ〜。

湘南地方もさすがに冬らしくなってきました……が!

ライトは相変わらず毎日波と戯れてます。

まだまだお天気の日はポカポカ……というより暑いかも(*^^*)

 

あ、やっぱり波に入るんですね。

そうですよね。。。

いやー波に入るとお散歩から帰ってからシャワーして海水落としてタオルドライとドライヤーしないといけないので、寒くなったら波に入らなくなって足を拭くだけになるかな〜、なんてモノグサな飼い主はちょっと期待していたのですが、まだまだ寒くないらしいです。

シェルティだから走るの大好き、寒さにも強いみたい。夏よりさらに絶好調です。

お散歩大好き、いや、お散歩という優雅な響きよりは「海辺を爆走」が日課になってる子です(笑)

 

ちなみに、ライトは男の子ですがオシッコするときに足をあげません。

ブリーダーさんからは、ある程度の月齢になったらマーキングもするだろうし、足を上げてオシッコしますよ、と言われていたので、室内のトイレは四方を囲む感じにしたほうがいいのかも……とその日が来るのをドキドキしながら待っていたのですが、けっきょく一歳半すぎたいまも足をあげません。

 

お散歩中もマーキングをしないどころか、「お散歩に行くよ」と声をかけると、最近では出かける前のエチケットと言わんばかりに家でオシッコしてから出かけます(笑)

私たちが出かける前にトイレに行くのを見て、ライトも出かける前に済ませておこうと思うようになったのかもしれません。

犬は行動がパターン化しやすく、ライトは一人っ子なので私たちの真似をするのかも。

それか、単にお散歩が嬉しくての嬉ションってやつでしょうか(笑)

とにかくトイレに関しては男の子ですがとっても楽です。

家の中では相変わらずまったく吠えないし、本当にいい子でよかった〜。(←躾けたわけではなく、もともと吠えない子)

ただ、要求が通らないとき(おやつがもらえないとき)にけっこうしつこくねだってきます。

で、私もたまに強い口調で「だめ!まだ!あとで!」と言うと、目に落胆の色を浮かべつつ、すんごい長ーいため息をつきます。

「フゥーーーーーー」って、人間か!

 

 

えっと、ライトのことばかり日記に書いてますが、先月から今月にかけて、思いがけず絵がたくさん売れました〜♪\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/♪

とても励みになります。

今住んでいる町は、バラと海が美しいところです。

来年は半抽象という感じでバラと海を描きたいな〜と思っています。(←鬼が笑う)

 

| - | 07:25 | - | - |
復活(*^▽^*)

ライトの爪が治りました☆

 

いやぁ〜若さってすごい。。。

ていうか、ライトが犬だからでしょうか???

爪が生え変わるのに3週間で済みました。すごーい!

 

もとは爪の根元が折れて、ボンドで割れた部分を止めてもらっていたけれど、私の不注意でそこがまた割れて……という事態になり、再負傷してから10日くらい経ったある日、ライトが下を向いて何かで遊んでるので、食べ物か何かだったらいけないと思ってみたら、なんと負傷していた爪がポロッと取れていたのです!!!

 

以下、その画像です。(ちょっと見苦しいので、お食事中の方はご注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とれた爪

↑もう、まんま、爪がそのままポロっと!!

なんか指の一部がそのまま落ちてるみたいに見えません!?

血もついてるし、見た瞬間「ひぃいいいい!!」ってなったんだけど、それより本体(足)のほうはどうなってるかと見たら、もう普通の爪が生えていました。

 

分かりにくい画像ですみません。

これはおそらく、人間の爪と違って根元から徐々に爪が生えるのではなく、蛇の脱皮みたいに、負傷した爪の下から新たな爪(もしくは生爪の表皮が硬くなったもの)が生爪を覆っていったのでしょう。

神経の通っている生爪の部分は綺麗な透明の爪になり、先のほうだけ負傷した名残りが残っています。

 

で!

びっくりしたのが、今回怪我をしたライト爪って、今まで黒かったんです。

なので以前の爪の名残りである、爪の先のほうは黒いまま。

ライトの肉球を見ると、黒とピンクのまだらで、黒い肉球部分の爪は黒く、ピンクの肉球部分の爪は白だったのですが、今回の怪我で、なぜかライトの爪の色が変わりました☆

これから黒くなるのかな〜?

 

ま、ともあれ負傷していた爪が取れ、新しい爪の様子をみるため2,3日は近所のお散歩にしていたのですが問題なかったので、海でのお散歩を復活しました!

 

海に行ったライトはもう、ものすっごく喜んでました。

 

今まで怪我していたときは、浜辺に続く道の手前で引き返したり脇道にそれていたのですが、ライトは「え、海に行かないの?」とすごく行きたそうに海への道を何度も何度も振り返っていました。

「怪我が治ってからね」「石がごろごろして危ないから」「海水は怪我に沁みるから」とは言ってはいましたが、とても切ない顔をするので、こういう時、言葉が伝わらないってもどかしいなぁと思っていました。

でも犬のすごいところは環境に適応する能力が高いことと、飼い主の思惑がわからなくても素直に従ってくれるところだなぁと、今回改めて思いました。

駄々を捏ねたり、吠えて文句を言ったりはせず、未練のある顔はするけれど諦めてくれて、そのことにだんだんと慣れて、しまいには「今日も海には行かないよ」と言うと「そっか」と素直についてきてくれるようになっていました。

 

でもやっぱり、本当はすごーく行きたかったんだな、というのがよくわかるのが以下の写メ(-_-;)

 

はしゃぎまくってるので……ぜんぜんいい画像が撮れませんでした。。。。

 

バイパスに車が通るのを待ってて、このときだけちょっと止まってくれるからピントが合うのですが……。

 

車が通るとダッシュしてあっという間にはるか彼方へ。。。

 

戻ってきても波で遊んだり走り回っているのでピンボケだらけ。。。

 

謎の物体。。。なんか写っちゃいけないものが写りこんでしまったような画像ですね。

 

 

↑赤い丸の中にかろうじて尻尾と後ろ足があるんですが(;´Д`)

 

 

波打ち際で波と戯れて遊んでます。

 

ともあれ、すごく嬉しそうで良かった。(これも走っているのでややピンボケ_| ̄|○)

 

いつもだったらそんなライトを眺めながらぼーっと時間をつぶしたりもするけれど、久々なのに全力で遊ぶので傷口が開いたりしたらいけないと思い、今回はいつもの三分の一くらいの、かなり短い時間で切り上げて帰ってきました。

 

↑で、帰りのライト。

足の爪からの出血はなくてよかったけど、ひさびさのドロドロ状態!

いつもは真っ白な首周りの襟巻きの毛が、砂でグレーに!!

 

顔にもいっぱい砂が飛び跳ねていて、お腹はもちろん、背中まで砂まみれになっていたので帰ってからは念入りにシャンプーしました。

 

怪我した当初は歩くのもヒョコヒョコだったので、全力で浜辺を駆ける姿が見れて私もホッとしました。

犬が走ってる姿って、本当に綺麗だなぁと思いました。

 

 

で、今はブログを書いている私の机の下ですごいカッコで寝てます。↓

シャッター音でちょっと目を開けちゃったかな?

すごい寝相で失礼しました〜m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:35 | - | - |
ライト負傷中(:_;)

8月に入ったばかりのころ、ライトが右前足の爪の先から出血してしまいました。

原因はわからないのですが、いつもはしゃいでいるので飛んだり跳ねたりして着地した場所が悪かったのかもしれません。

 

大したことないだろうと思っていたのですが、一日経ったら右前足を上げたまま残りの足だけで歩くようになってしまいました。

 

実は出血した当初、たまたま動物病院にいたので先生に診ていただいたところ、爪の出血はすぐに止まるし大丈夫、とのことだったのでお薬も処置もなく「そっかぁ」と楽観的な気持ちでいたのですが、翌日からライトがヨタヨタと右前足をあげたまま歩くようになり、さらにいつもの元気の10分の1くらいになってしまって、とても心配になってきました。

水を飲むときやトイレの時も、完全に右前足を上げたままぴょんぴょんと歩き、大好きなご飯の掛け声で飛び回るのも全くなし。

でも出血はないし、大丈夫って言われたし、大丈夫だよね? と、どうしていいのかわからないまま一日見守っていたのですが、そのまた翌日になってもライトはずっと右前足を上げたまま、ぴょんぴょん、ヨロヨロと歩き、けっきょくトイレも億劫になってしまったのか、いつも回数の三分の1くらいしかトイレにもいきませんでした。

 

で、居ても立ってもいられなくなり、もう一度動物病院へ。

ライトを庭に放して歩いているところを先生に見ていただくと、先生も爪先の出血でこんなに右前足をかばって歩くのは見たことがない、とおっしゃって、レントゲンを撮りましょう、ということになりました。

で、診察室へ戻って実際の負傷した爪を改めてよく見てみたら、実は爪先ではなく、爪の根元が割れていました。

爪の根元が割れているので当時の出血量も多く、足を着くのも痛かったのでしょう。人間で考えてみても、爪ってなぜかすっごい神経通ってるっていうか、爪の傷ってちょっとでもかなり痛いですよね(>_<)

で、レントゲンの必要はなくなって、抗生物質の薬の処方と爪の根元をきれいにしてボンドのようなもので塗って処置もしていただきました。

原因がわかってホッとしました。

 

ライトの右前足はけっこう受難続きで、幼少の頃に柵が倒れたときも右前足を痛め、7月の最初のほうでも実は捻挫をしています。

なので今後は本当に気を付けなければと思いました。

7月の捻挫の時は、やはりヨタヨタ歩いていたのですが今回ほど派手な感じはなく、しかも4〜5日安静にしていたら治ったのでよかったですが、今回は爪の根元が伸びるまで完治にはならないので、治るまでの期間の予測が難しいです。

 

とりあえず一日2回の抗生剤を与え(ご飯に混ぜたらバクバク食べてくれた)、お散歩は近所を一周くらい。

走らせずに歩かせる、というのを続けてみました。

徐々に元気を取り戻し、5日目くらいから完全にいつものように嬉しいときは飛び跳ね、家の中ではおもちゃなどで遊ぶし走り回っていたので、お散歩の距離も長くしてみました。

 

で、今日。

今日の湘南地方は曇りで涼しく、ケガから1週間経ってライトも元気ということもあり、久々に海に行くことにしました。

ライトもここ最近海に行けなくてとても残念そうだったので、いつものダッシュのような、思いっきり走ることはさせないにせよ、リードで少し歩こうかなぁという感じで行ったのですが、これが完全な判断ミスでした。

 

海に続く階段の一番上で嬉しそうにくるくる回りながら吠え、その後リードをもったまま海にでました。

石がゴロゴロしている浜辺で、波に入りたそうにしていましたが「今日はダメ」と言ってちょっと歩いたところでリードを離したら、ライトは私の周りを大きく2周くらいぐるぐると楽しそうに走りました。

気持ちいいねぇ〜なんて言ってふとライトの足を見たら……もう血が出てる!!!

 

慌ててリードをもって家に帰りました。

途中足場の悪いところは抱っこして、でもすっかり重たくなってしまったライトをずっと抱えることはできませんでした。

足が痛くなったりしないか心配でしたが、力尽きて途中で下ろして歩いてもらうことに。

ただでさえ重いのに、ライトは抱っこされているのが不思議らしく「暑いからおろして」と言わんばかりに体を何度もひねってくるので大変でした。

ていうか、ライトは出血にまったく気づいていない様子。

 

家に帰って足を洗う前に撮った画像↓

 

毛があるのでよく見えないのですが、毛をめくると爪の根本が割れていて、そこから爪先へと血が流れているので爪先をけがしているように見えます。

丁寧に水とクレンジングで洗って、痛いかもしれないけれどぎゅっと止血のつもりで拭いてあげて、ご褒美にコング(←おやつ)をあげたけど、やはりまったくなんのことかわかってなくて単純に喜ぶライト氏。

 

今は血も止まって、ご飯をあげた後はいつものようにはしゃいでましたが、またいつ血が出るかわからず私はハラハラしっぱなし。

なんども右前足を確認するのであげくにはライトも「なんでそこばっかりみるの? 僕もなめてみようか?」と興味を示しそうだったので慌てておもちゃで気をそらしたり。

とにかく、海に行ったのが間違いでした。

ものすっごく反省しました。

もう大丈夫かと思ってしまい、この楽観的な性格のせいでライトの傷が開いてしまうなんて。

ごめんねライト。

 

やっぱりどんなに元気に見えても可愛くねだられても、心を鬼にしてしばらくは近所の散歩にしておこう、と心に誓いました。

 

早く治りますように。

 

| - | 18:14 | - | - |
<< | 2/64PAGES | >>