CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
いとこ会☆彡

えーと、私にはイトコが総勢5名いるのですが、5人中4人が海外で暮らしています。

父方のほうに3人のイトコがいて、二人はアメリカ、一人はフランスに住んでいて、母方のほうに二人のイトコがいて、一人はアメリカ、そして残る一人が関西に住んでいます。

ということで、日本にいるイトコも関西在住なので滅多に会う機会がないのですが、去年、母方のイトコでアメリカに住んでいるK君がお仕事で1年間日本に滞在することになったので、「せっかくだから会おうよ!」となりました。

 

で、けっきょく声を掛け合って集まったのは、母方のイトコのK君家族とその弟のM君家族、私たち夫婦と妹家族、K君たちのご両親(私にとっての叔父さん、叔母さん)とウチの両親。

K君のところには奥さんと3人の男の子がいて、長男と双子の男の子という構成。M君のところには奥さんと一人息子。妹のところは夫婦と一人娘。と言うわけで、男の子4人と、姪っ子(当時2歳)の女の子一人で子供は5人、大人は12人で総勢17人と言う大所帯で、新宿のとあるレストランの二階を貸し切って集まりました☆彡

(※実は会ったのは去年のことだったのですが、ずっとその時のことを書きたいと思いつつ今に至ってしまったので、まったく何の脈絡もないですが今日はその時のことを書きます(*´▽`*)エヘ)

 

ちなみに、イトコの子供って私にとっては何という名称になるんでしょうか? またイトコとか?

そして彼らから見て私はどういう呼び名になるんでしょうか? おお叔母とか? 

わかりません(笑)

 

 K君とM君は、本当に素晴らしいイトコです。

 二人とも私よりけっこう年下だけれど、優しさ、思いやり、そして受容の心にあふれていて、いつ会っても心安らぐ存在で、年齢は関係なく尊敬しています。(というかこの歳になると年下で尊敬する人がけっこう増えてしまっているという加齢現象!)

 人間性のすばらしさもさることながら、この二人は頭脳も優秀という点ですごくて、K君はアインシュタインもいたという名門プリンストン大学を卒業後、20代で博士号をアメリカで取得、現在もアメリカの有名な大学の先生をしつつ(どこの大学かうろ覚えで書けない。。。ゴメンK君)、プロのジャズピアニストとしての才能を発揮しているという、マルチな人。今回の日本でのお仕事も、国から派遣されたんだそうです。で、一家で日本にやってきて、子供たちは日本の小学校に一年通ったみたいです。えらい!

 いっぽう弟のM君は、小学校2年生のときから叔父さんの仕事の関係で一家でアメリカで暮らしていて、現地のとても優秀な高校を卒業したあと、京都大学に現役で合格しました。あのノーベル賞受賞者をいっぱい輩出した京都大学ですよ!? つまりM君は7歳くらいから18歳になるまでアメリカで暮らしていて、現地の学校に通っていたのに、帰国子女枠などのない超難関の国立大学の一般入試に現役で受かったのです。今は起業して海外を飛び回りながら仕事をしているようです。(詳しい職種を何度聞いても理解できない頭の弱い私でてゴメンよ、M君。)

私は本当にこの二人と何分の1でも親戚として血がつながっているんだろうか? 

おそらく小さい時に転んで出した鼻血とかで、共通する血は流れちゃったんじゃないか?

もしくはおっちょこちょいなところとか、アイスが好物とか、どうでもいい性質だけ共通しているとか?(←濃厚路線!)

 とまぁこの二人の学歴の優秀さを書いてしまうとどうしてもそちらに目が行ってしまいがちですが、でも私はこの二人の頭脳の優秀さもさることながら、その人間性のすばらしさに惹かれます。

 とにかく話していて、本当に公平、平等な精神があって、それで人を受け入れる大きな器があると感じるのです。

 威圧感はもちろんなく、上から目線の言葉も絶対にない。

 私の夫も、一度二人に会っただけで何か普通の人とは違う、「特別な人たちだ」と感じたそうです。

 M君には映画の主演すら頼みたいと思ったこともあるほどです。

 

で、で、そんな素敵な二人のイトコの子供たちはというと、全員男の子なのですが、これまたみんな可愛い!!

下は4歳から上は小学校3年生まで、みんな仲良く遊ぶのです。

↑母からのプレゼントを開けて遊ぶキッズ☆彡

 

↑姪っ子も母からもらったプレゼントに夢中☆彡

 

 

↑私とM君夫婦。

 

K君と話していて、ふと何気なく「男の子3人兄弟だと、ケンカしたとき大変じゃない?」と訊いたら、K君は「ぜんぜん。だってケンカしたことないから」と答えました。

「えっ、兄弟げんかしたことないの?」と驚いて聞くと、「うん、みんないつも一緒に遊んでる」と。

そういえば、K君とM君もケンカしたところを私は見たことがありません。

男の子の二人兄弟で、歳の差も3歳くらい(たしか)だけど、二人はいつもとても仲良かった。

K君の結婚式のスピーチをM君がしたときも、K君がいつもお兄ちゃんとして自分の面倒を見てくれた話をしていました。

つまりこの二人には「兄弟間でケンカをする」という遺伝子がないのかもしれません。ブラボー!

 

子供たちを見ていても、さすがに男の子4人なのでにぎやかだけど、ケンカはもちろんのこと、口論と言った感じのことも全く起きない。笑い声や歓声、楽しそうな喋り声しか起きません。

ふだんの様子を動画で見せてもらったときも、3人仲良く顔を突き合わせてPC画面を覗いたり勉強したり。

そしてそれぞれが好きなことをして楽しんでいて、本当によい関係性でいて、良い意味で自立しているのだなと思いました。

男の子兄弟3人の家庭でケンカがないのは、まぎれもなくK君とK君の奥さん(Wさん)の人間の資質の高さ、教育のたまものでしょう。毎日の積み重ねが日常を作る、その過程で、みんなが仲良く助け合って育っていくことを学んでいるのは素晴らしいなと思いました。

 

本当はもっともっといろんな話をしたかったのだけれど、あっという間に時間が過ぎ、そしてお別れの時間になってしまいました。

次にみんなで会えるのはいつなのか、もうK君一家はアメリカに帰ってしまったので、子供たちは日本語忘れちゃったかなぁ。

でも叔父さんも叔母さんも、イトコもみんな、久しぶりでも会えばぜんぜん変わってなくて話は尽きなくて本当に楽しかった。

1年前のことだけれど、今でも楽しかったなぁと心がじんわりと温かくなって思い出す、素敵な集まりでした(*^^*)

 

私からのお土産として、双子ちゃんには私の大好きだった「ひとまねこざる」の絵本を、長男くんにはこれまた私が小さいころ大好きだった「エルマーと竜」という児童文学の本をあげました。

日本語だけど、英語版も出ているので分からなかったら英語版で読むきっかけにしてくれたら嬉しい。

姪っ子には五味太郎の絵本(*´▽`*)

 

みんなすくすく育って、素敵な大人になりますように〜☆彡

また会える日を楽しみに!

 

 

| - | 16:03 | - | - |
姪っ子の海デビュー☆彡とプールデビュー☆彡

ようやく猛暑が少し和らいできましたε-(´∀`*)ホッ

 

相変わらず久々のブログ更新ですが、元気にしています。

ライトのお散歩は夏の恒例で朝の4時~5時頃していて、最近になって日の出が遅くなったので5時過ぎにしています。

はぁ〜しんどいですが、ライトがお散歩をとても楽しそうにするので頑張れます。

それに、毎朝朝日を浴びたり、私の基礎体力の維持にもなってるので、ライトのお散歩にはすごく恩恵があったりします。

 

さてタイトルの話題ですが、今年の7月と8月は妹夫婦が家族で遊びにきました(*´▽`*)

で、3歳になる姪っ子が、初めての海とプールデビューを果たしました。

妹は嬉々として「よっちゃん(私)ちの近くの海水浴場、日本で最初の海水浴場なんだってね!」と言っていたのですが、いやいや、妹よ、日本初の海水浴場と言うだけあって、まだまだ未開発だった名残りそのままのしょぼ〜い感じなのだよ!と、期待値が高すぎるとガッカリする可能性があるので伝えたのですが、「それでもいいから行くね〜♪」というお返事。

で、7月の某日、妹夫婦が海水浴場にやってきました。

その日は曇りで気温も23度と低めと言うこともあり、海水浴を楽しむ人は全然いなくて、むしろライフセーバーのお兄さんたちのほうが人数が多くて目立つ感じ(笑)

涼しかったし曇りだったのでライトも連れて行ったら、普段はリードを離しちゃいけないらしいのですが、「今日は人が少ないのでお好きにどうぞ〜」とライフセーバーの人に言われ、ライトは大はしゃぎ。

そして姪っ子は……涼しいし、波には近づいたけれど、怖いみたいで入るには至らず(^_^;)アララ

女の子らしく、浜辺の貝殻を拾って、設営した小型テントでおままごとをして過ごしました(^^)

本格海デビューは来年に持ち越しになりそうです♪

 

で、8月。

今度はうだるような猛暑日。

我が家から歩いて10分くらいのところにある、大磯プリンスホテル。

ここには大磯ロングビーチという、名門老舗な屋外プール施設があるのです。

波のプール、ウォータースライダー、流れるプール、幼児用プール、飛び込み用プール、競泳用プールなどなど、とにかく大小さまざまなプールがあって楽しめます。

で、今回は姪っ子、勇気を出して幼児用プールデビューを果たしました♪

暑かったし、妹と一緒に遊んでるうちに頭から水に浸かってしまったのですが、それでも笑って遊べて、こちらは無事プールデビューと相成りました彡

終わった後にみんなでファミレスに行ったとき、妹の旦那さんがかき氷をお替りして2杯も食べていたのが印象的でした。

よほど暑かったようです(笑)

姪っ子はもう少し大きくなったら他のプールも楽しめるようになると思うので、来年も楽しみです。

 

来年と言えば、私の父が来年は80歳になるので、先日父の誕生日会でみんなで会ったときに、両親と妹夫婦、兄夫婦、私たちみんなで旅行に行きたいね、と言う話になりました。

兄夫婦のところには甥っ子が二人いるのですが、なんと弟くんのほうの甥っ子は、まだ小学1年生なのに最近ゴルフを習い始めたそうで、来年までには父や兄と一緒に回れるようになるかも、とのこと。

そして、ウチの近所の大磯プリンスホテルには、ゴルフのショートコースがあるのです!

なので妹のところの姪っ子はプールで遊べるし、兄のところの甥っ子たちはゴルフができるし、その上ボーリング施設もあるのでみんなで遊べて、東京からも近いのでちょうどいいかもしれない、という話になっています。

私も大磯プリンスだったらライトを家に置いて気兼ねなくみんなと遊んだりご飯を食べたりできるので、来年はもしかしたら一族みんなで大磯プリンスでお世話になるかもしれません。

 

ライトを飼いだしてから旅行にあまり行かなくなってしまったので(ライトが車酔いするし、ライトを預けて夫と二人で旅行するのも可哀そうかな、ということであまり行かなくなってしまったのです)、家に居ながら旅行気分を味わえるのは一石二鳥です。

とはいえ、まだ来年の話なのでどうなるかわかりませんね。

ともあれ、今年の夏は姪っ子のおかげで海水浴場に行ったりプールデビューにつきあったり(とはいえ私は泳ぎませんでした)と、かなり夏らしい夏を過ごせました(*^^*)

 

というわけで、もう夏は満喫したので、早く涼しくなって欲しい!!

 

 

 

| - | 12:53 | - | - |
梅雨入りと水たまり

201906

↑最近私のベッドで寝るのがブームのライト(ベッドの奥に未完の絵が立てかけてある)

 

ついに梅雨入りしました。

気温も徐々に上がり、湿度も上がってきて不快指数もウナギのぼりな今日この頃。

長毛種のライトにはしんどい時期になってきております。

犬が熱中症を発症する気温は22度、湿度60%以上らしいです。人間には至適温度ともいえる気温でも犬にとっては危険なんですねぇ。

ライトのお散歩時間も徐々に早まって、今は晴れの日は朝の5時台、曇りの日は遅くとも9時前までにするようにしています。

 

さて、お散歩時はほぼ毎日海で波と戯れ、砂浜を爆走する犬に育ってしまったライトは、今ではすっかり水が大好きな子になりました(^^;)

というわけで、水たまりも大好きです。

雨のたくさん降った日の翌日のお散歩では、高波の恐れがあるので海には行けないのですが、めぼしい水たまりを見つけてはパシャパシャと遊びます。

↓かなり前方なのですが、水たまりを発見するライト(歩きながらの撮影で画像がブレブレですみませんm(__)m)

すかさず近寄り。。。

 

いちおう振り返ってお伺いを立てるが。。。

 

待ちきれずに水たまりに入って笑顔のライト氏。

 

 

バシャバシャ。

 

その後も、誰もいない広い駐車場にある水たまりで↓

わざと足音立てたりして、水音を楽しんだり、

 

水紋が面白いのかなぁ〜。

 

「水、飲まないでよ〜」と声を掛けるけど、必ずチョロっと舐めちゃうライト氏。

 

道路の小さめの水たまりでも、必ず踏んで行くライト↓

 

本日最後の大きめの水たまり↓

「ふむ」という感じで水質検査。舐めてるね!?

お腹壊すよ〜!!

 

私が追い付くまで水たまりの中でクルクル回りながら感触を楽しむライト氏。

(※他に通行人がいるときはリードを離しません。)

 

尻尾もフリフリしてますが、やっぱり水たまり程度の水では消化不良なんでしょうね〜。

だって、いつもの海だと↓

2019年6月ライトアップ

あごの下の毛までビショビショだけど、このように終始はじけるような笑顔♪

 

でも、実はライトは泳げません☆彡

 

海のそばに住んでいるし、以前、最短距離で私の元に駆け付けようとして、泳げないのに海に入って溺れかけたこともあるので、一度きちんと犬の水泳教室に通わせたいのですが、リハビリでもなく、水深の浅いプールで遊ばせるのでもなく、本格的に泳げるようになる水深の深いプールでの教室が近所になくて、ちょっと悩んでいます。

しかもライトは社会化に失敗しているので(私のせい)、他のワンちゃんと一緒にレッスンを受けられない可能性が高く、マンツーマンでの指導が必要かも。。。

そうなると、ますます通えるお教室は限られてしまいます。

さらに、ライトは以前は車に乗るのは大丈夫だったのですが、一昨年に新しい車に変わってから一時間以上のドライブをすると車酔いして吐くようになってしまい(途中でこまめに休憩を挟んでもダメで、たとえ行きは大丈夫でも帰りに吐いたりと、車内で一回は吐いてしまう)、長距離の移動も苦手になってしまいました。

うーん前途多難。

水が好きだからこそ、自ら水に近寄っていってしまうので泳げるようになって欲しいです。

 

だって、こんな高い波でもけっこう入っていっちゃうんです↓

↑けっこう深い

 

波を堪能したあと、高い波が崩れて打ち寄せてくると帰ってくるのですが……

 

まるで爆破からの生還シーンみたい。。。

 

元来臆病で慎重な犬種なので、水深の深いところや、初めての水場では足元をきちんと確認する子なので普段は心配していないのですが、これまた元来あわてんぼうでドジな性格なので、焦ると周りをよく見ずに走って足元が滑って水に落ちる可能性があり、溺れてしまう可能性があるのです。

 

シェルティって泳ぎが得意な犬種なのかなぁ?

ゴールデンレトリーバーとか、ぜんぜん訓練してなくても泳げるの、ホントすごいですよね!

うらやましい。。。

ライトも今年は一緒にがんばろうね。

 

| - | 13:42 | - | - |
しれっと近況報告を☆彡

いやはや、ご無沙汰しておりますm(__)m

気づけばやはり、今年も年が明けていました。。。

とはいえ、誰も読んでいないと思うのでしれっと更新をば。

 

えーと、ライトも私たち夫婦も元気です。

最近起こった旬な出来事と言えば……

 

リードぶち切れ事件!!!

 

 

 

詳しく書きますと、先日、ライトと一緒にお散歩をしていた時のことです。

横断歩道の信号が赤だったのでのんびり待っていて、青になったので「よし」と声を掛けたところ、ライトが嬉しそうにちょっと小走りで前に走り出ました。そこで、

 

ブチッ!

 

という音と共に、何の抵抗もなくリードが真ん中で切れたのです!!

そしてライト一人でタッタッタ〜♪と横断歩道を渡っていくではありませんか!!

「うわぁ〜待って待って!ライト戻れ!」

と焦りまくって声を掛けると、ライトは私が一緒にいないことに気づき、くるっと振り向いてこれまたタッタッタ〜♪と戻ってきました。

 

はぁあ〜(たとえパニクった飼い主のコマンドでも)呼び戻しができる子でよかったぁ〜〜〜〜〜!

 

ライトは私の焦りを全く気にしていない様子で「どうしたの?」と不思議そうな顔で私を見ているので「いや、まぁ、なんでもない」「ちょっとリード変えるからじっとして」とごまかしつつ、予備のリードをつけてお散歩再開し、なんとか無事に事なきを得ました。

基本的にリードを離してもライトは暴走する子ではないので、リードが切れたとしてもそこまで慌てる必要はないのかもしれませんが、横断歩道という特殊な場所でリードが切れたのでさすがに焦りました。

 

しかし、当のライトは横断歩道が(かなり)危険で特殊な道路だという認識があまりないようで、過去にも横断歩道を渡っている最中にウンチを始めたことが2度ほどありました。

「えぇっ!今するのっ!?」

と、いつ信号が変わるかわからないのでこっちはめちゃくちゃ焦るのですが、リードを引っ張っても頑として動かず、本人(ライト)はすまし顔で踏ん張り始めるのです。

しかも一度などは対面式で3車線ずつくらいある、対岸までかなり距離のある大通りのど真ん中で始めちゃったことが!!

タイムリミット(赤になってしまった)ので、大通りの真ん中の中州みたいなところでライトを抱えて次の青になるまで待った記憶があります。

なぜこんな時に催すのか!?

トイレってもっとリラックスした時に行きたくなるもんじゃないのか!?

と、様々な思いが過ったものです。

閑話休題。

 

ともあれ、時々コンビニに寄ったりしてライトをつなぐこともあったりするので、普段から予備のリードを2種類くらい持ち歩いているのですが(どれも軽量)、予備があってよかったです。(←単に家に帰ってまた出かけるのが面倒なだけ。)

 

家に帰ってから改めて、切れたリードを検証。

切れたリード

うむ、よく見ると見事にボロボロでした(笑)

このリードは余計な金具がついてなくて布製なので軽く、ライトは海岸で人がいないときはリードをつけたまま走るのですが、ちょうどライトの体高的に足に着くあたりの場所が一番地面とこすれるので痛みやすかったようです。

ライトも検証中↓

切れたリードとライト

 

このリードはライトが子犬の時から使っているもので、ライトがとても慣れていて、海で走るときもライトの体に絡まらずにいてくれる結構貴重なリード。

なのでこんなこともあろうかと同じリードをすでに2個買ってあります。

切れたリードと新品2個

 

で、新品と比べてみたら、色が全然違くてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!!!

切れたリードと色の違い

モノクロとカラーの違いくらい違いました(笑)

毎日見てるから見慣れていたけど、こんなに鮮やかな色だったんですねぇ!

やはりこんなになる前に交換しないとですね。

 

このリード、今までも切れそうになったり汚れたりで、すでに2本目か3本目です。

ですがすごくお安くて650円くらいなので重宝してます。

もう残り一個になったのでまた買い足しておこうかなぁ〜とサイトにいったら、いつのまにか830円に値上がりしてました。

以前よりかなり値上がりしちゃってちょっと残念でしたが、まぁまだ当分持ちそうなので、しばらく買い足しはやめて次に切れたときに考えようと思います。

 

それが最近一番の我が家での事件でした(*^^)v

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

| - | 16:06 | - | - |
ようやく秋

またまた3か月経ってしまいましたが、元気です ( ・`ω・´)キリッ

ときおり「おいおい」と突っ込みたくなるような暑い日を挟みつつも、ようやく秋らしくなってきた湘南地方です。

おかげでライトのお散歩も午前中なら何時でも出かけられるようになりました〜(*´▽`*)

はぁ〜快適☆彡

 

さてさて。

一昨日、夫が同窓会に行ってとても楽しい時間を過ごしてきたそうなのですが、なんとなんと、夫の同級生のかたが私のブログを読んでくださっているとのこと!

「嫁のブログ、すごく面白いって言ってたよ〜」と帰ってきてから話してくれたのですが、まさかこんな年に数回しか更新しないブログ、過疎化しまくってる辺境の地のブログを読んでくださっている人がいるなんて寝耳に水で、焦って過去の記事を読み返してみたら、いやこれ、ほとんど愛犬とののんきな日々を綴ってるだけで何も語っていないではないかー!!と、自分でもびっくりするくらい内容のないブログで愕然としました(>_<)

 

画家という肩書が一応(←こらこら)あるはずなのですが、しかもブログを始めたころはそこをテーマにしていたはずだったのですが、でもなんかアートとかそういうこと語るのも最近は堅苦しいというか、どうでもよくなってきて、「創る」ということを、ことさらブログで主張するのもいかがなものか〜、とか思ってきて、やっぱ生活の積み重ねだよね〜ってなってきて、気づけば愛犬のノロケ話を公開するだけのブログになってしまった模様。

 

とはいえ、最近ちょっと創作系での話題があるので、数年ぶりにひとつ。

 

今年、おかげさまで創作系の収入がけっこう潤ってくれて、「いやぁこれで来年の税金が払える〜」とか思ってたんですが、夫が「せっかく創作で稼いだお金なんだから、なにか一つ形に残しておいたら?」と言ってくれて、さかんに「液晶タブレットを買ったら?」と勧めてきました。

液晶タブレットというのは、いわゆるデジタルで絵を描くタブレットでして、PC版スケッチブック(もしくはキャンバス)みたいなもので、ワコムという会社がいまのところトップブランドとして知られています。

ですがさすがにワコムの製品は高い!!

最新版の製品と付属品を合わせて買うと、40万は軽く超え、それこそせっかくの収入が吹っ飛んでしまうような勢いです。なので二の足を踏んでいたのですが、アメリカのXP−PENと言う会社の液晶タブレットは、同じくらいのスペックでなんとワコムの6分の1くらいの値段で買えてしまうんですね!!

油絵出身だった私はどうしても「画面は大きくないとダメ」という感覚がありまして、小さい画面では絵を描くのがつらい。

たとえ拡大とか縮小ができるとしても、元々の描画面が大きいことが、私の描画感覚にはとても重要なのです。

なので大きな画面の液晶タブレットとなると、このXP−PENの製品がスペックもお値段も最も適していると感じました。

とはいえ、やはりそうはいっても液晶タブレット。

ぶっちゃけ6万円とかするんですよ〜。でもなぜかワコムと違って付属品が山のようについてこのお値段。ワコムで同じくらいのスペックの本体と付属品揃えたことを考えると10分の1くらいの値段かもしれません。

だがしかし!!

実は私はすでに「板タブレット」と言うのは持っていて、これは、夫が以前DIGクリエイティブアワードと言うコンテストでグランプリを受賞した時の賞品で、夫が私にくれたのです。つまりタダ!(←ここ重要!)

描画スタイルは若干異なりますが、すでに板タブレットでもデジ絵を描けているので、わざわざ液晶タブレットを買う必要はない、しかも高い!!(←ここ重要!)

さらに言うなら私は飽きっぽい!!(←もっとも重要なとこ!)

ということで、なんとなく買うのを渋っていました。

ですが……。

夫「え〜買いなよ。買っちゃいなよ」

私「や〜いいよ〜。板タブ(板タブレットの略)でしばらくやるから」

夫「これからは液タブ(液晶タブレットの略)の時代だよ〜。せっかく稼いだお金が無くなっちゃう前に〜」

私「え〜」

夫「いいから買っちゃえ買っちゃえ!」

私「ひぃ〜!」

というわけで、勢いに任せて買っちゃいました。。。

 

楽天で買ったんですが、これまたアメリカの会社らしく、ものすっごい雑というかシンプルな商品ページでちゃんと届くかドキドキでしたが、これまたアメリカの会社らしく購入してから何の連絡もないまま突如二日で製品が届きました。

中国の工場から東京の倉庫に送られたままの状態のものにウチへの送り状を張り付けたらしく、中国から日本への送り状もくっついたままでした(笑)

いや、無事に届いてありがたいです。

 

で、作業台にセットアップした状態がこんな感じです。

液タブ2018

え〜説明すると、手前の黒くて大きいのが新しくやってきた液晶タブレットです。

後ろにある黒いのが27インチのモニター。

で、右に切れちゃってるのがノートPC。

もう机の上が大渋滞!!

27インチのモニターが小さく見えるほど、液晶タブレットの存在感がハンパないです!

巷で聞かれる「タブレット」という言葉に含まれる「手軽に持ち運べる♪」「軽い♪」といったイメージの全くない、本格派・描画用液晶タブレット!!

7キロくらいあります。

ちなみに液晶タブレットの両サイドにヒラヒラしてる付箋は、短縮ボタンの名称が覚えられないので貼りました(^-^;

自分なりにカスタマイズしたボタンもあるのですが16個もあるので使いこなせるようになるまではちょっとカッコ悪いけどこのまま。。。使いこなせる日が来るのかどうかは神のみぞ知る、と言う感じです。

記憶力と老化の激しい攻防が繰り広げられることでしょう。

 

あと、壁に貼ってあるのはブラシ形状の一覧です。

無料でブラシの形状をダウンロードできるので嬉々としてダウンロードしていたら、ブラシの数が250種類くらいになってしまい、求めているブラシの形状がどこにあるのか探し出すのが大変なのでカテゴリ別に一覧にして貼っておいて、ざっと眺め、使いたいブラシの形状のおさまっている場所がすぐにわかるようにしています。

 

とまぁ机の上がこんな状態なので、このままではデジタル以外の創作系の作業や制作がまったくできないので、その後、新たに手作業での創作用のテーブルを購入してそちらに画材を並べ、とりあえず落ち着きました。

 

デジ絵にはもともとは全く興味がなかったのですが、夫の小説の表紙を担当したことがきっかけで自然と興味が湧いてきて、ついには液タブを買うまでになっていました。

私は保守的なところがあって、油絵からアクリルへの移行もライトを飼うようになったことがきっかけでした。

油絵の持つ重厚感や書き味が好きだったのでアクリル画材は壁画依頼を受けたときしか使っていませんでしたが、でも、ライトを飼うようになって、油絵には子犬には危険な溶剤、毒性を含む絵の具が多く、床についた絵の具や溶剤を不用意に舐めたりしたら危険だと思い、アクリル絵の具を使うようになりました。そのおかげで色の重なりや特性の違いを知ることができました。

デジ絵には行かないだろうなと思っていたのですが、夫がたくさん小説を出版するようになったおかげでデジ絵にまで興味を持つようになりました。

上手く言えないのですが、デジ絵だと油絵や実際の手作業よりもより直感的な表現が可能なところがあり、私はライトや夫のおかげで表現の幅が広がったのだなぁと思いました。

創る、と言うことは全然特別なことではなく、生活の積み重ねが創作活動に自然な影響を与え、変化していって今があるという感じです。

という、ちょっとした創作関連の話でした。

ブログ褒められて調子に乗った結果ですな☆彡

 

ま、でもこのままだと堅苦しいので(←どこが?)、シメはやっぱりライトで☆彡

2018年ライト寝転ぶ

お腹出して寝てます。。。

頭の下に敷いてある冷却アルミシート、子犬のころはこのシートの半分くらいしか占領できないくらい体が小さかったんですよね。。。

こんな感じ↓

小さい頃のライト

同じアルミシートで寝てるとは思えない。。。。

大きくなったものです(*^^*)

 

おしまい。

 

| - | 16:33 | - | - |
<< | 2/66PAGES | >>