CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
<< あくまでウチの子の場合。その2 | main | あくまでウチの子の場合。その4 >>
あくまでウチの子の場合。その3

服従の躾けを習うべく、無料しつけ体験レッスンに参加してみた私とライト。

 

私とライト以外に二組、シェパードくんとボーダーコリーくんとその飼い主さんたちが参加しました。

初参加は私だけで、普段のレッスンに混ぜてもらってる状態です。

 

事前に「普段遊んでるおもちゃを持ってきてください」と言われていたので持っていきました。

で、先生から「まず、一組ずつ犬と遊んでみてください」と言われ、私たちの番になってライトと家で使ってる引っ張りっこのロープを使ったのですが、ライトの反応はいまいち。

というのも、いつも家の中で使ってるおもちゃだったので「なんでここで使うの?」という顔してるんですね。

先生も「ほんとにこれでいつも遊んでるんですか?」と聞いてきたので、「実は外では追いかけっこしてます」と白状したところ、「では、追いかけっこしてみてください」と言われました。

それならば!と、リードを離していつもの追いかけっこを始めました。

おぉ〜!

いつも海辺で走ってるから、ここの地面は走りやすい!!

ライトも追いかけっこになると嬉しそうに「わんわん」と声を上げながらついてきます。

私も調子に乗ってフェイントかけたりしてぐるぐるとアジリティー施設の周りを走りました。

 

 

他のワンちゃんたちも飼い主さんとひとしきり遊んで、次に二組同時に遊んだりしました。

ほかのワンちゃんがいても犬が飼い主さんに集中できるかどうか、それが社会性だと先生がおっしゃっていました。

 

そ、そうだったのか〜!!

 

私はライトがほかのワンちゃんと遊べないことがすごく気になっていました。

でも、ライトはもともとほかのワンちゃんがいようといまいと、とにかく追いかけっこしてるときも普段歩いてるときでさえも、私からは離れません。

そんなふうに他の犬に気を散らさずに私といることも社会性なんだということを初めて知りました。

リードを離したままでもライトは私に注意を向けてそばにいる子なので、先生とお話しているときも私はリードを持っていませんでした。

こんな感じ↓

 

すると先生は「信頼関係はとてもよくできてる」と褒めてくれました。

なんだかそれだけで嬉しくて、社会性についての理解も深まって、来てよかった〜って思いました。

その後ほかのワンちゃんは服従のコマンドのおさらいをしていましたが、ライトはまだなにも教わっていない状態なので、中途半端なオスワリとか、若干オスワリと混同ぎみのフセなどを見せたりして誤魔化して(笑)、途中で先生にいろいろ質問したりして無事にレッスンを終えました。

 

このレッスンで私が理解したことは(間違っているかもしれませんが)、ずっと一緒に暮らしていく飼い主と信頼関係を築くことがなにより大切で、ほかの犬と遊べるかどうかはあまり問題ではないということ。

さらにライトは他の犬にちょっかいを出したり吠えたりは絶対にしません。逆にちょっかいを出されたり吠えられると、スーッと私の足の間に逃げ込みます。

とにかく飼い主といることを選んでいるのだから、無理にあまりよく知らない犬に慣れさせようとすることはない、という見解を知ることができました。

また、そこの教室では服従のレッスンなどで、体罰や叱る方法で教えることはしていませんでした。

以前は体罰的な指導もしていたそうですが、それによって犬は複雑なトラウマを抱えてしまい、怯えた服従になってしまい、本当の意味での信頼関係を築きにくくなると言っていました。

褒めて教えることで、犬が喜んで従うようになる、という考え方で、私はとてもいいと感じました。

 

で、今後このレッスンを受けるかどうか、帰りに夫といろいろ話し合いました。

夫は柵の向こうからずっと見学してくれていたのですが、「レッスン通わなくてもいいんじゃない?」と感じたようです。

私も最初は「ライトからの信頼を得るために服従のレッスンが必要なのでは」と考えていたのですが、無料レッスンに参加したことで、今の段階で信頼関係がすでに築けているなら、このままの生活で信頼関係を深めていけばいいかなと感じました。

 

犬見知りに関しての悩みはいったん目途がつき、人見知りに関してもトリマーさんと獣医さん、病院の受付のお姉さん(なぜかテレビドラマの出演者のように美男美女ぞろい)に対しては従順なのでまぁいっかぁ〜と思えるようになりました。

ライトの場合、病院にくると顔がちょっとオッサン化しますが(笑)、とくに人に対して吠えたりかみつくわけではないので(ただじっと耐えるか帰りたがる)、深刻に考えるのはやめようと思いました。

 

というわけで、目下最大の問題はやはり車に対して泡を吹くほど吠える、という点。

 

しつけ教室の先生は、車に対して吠えることに関しては、おびえや警戒もあって吠えてると思う、とおっしゃってて、服従を覚えさせることと、あと何事もなかったように平然と歩く、というアドバイスをもらいました。

とまったり撫でたりしてもぜんぜんダメなので、むしろ平然と歩いて見せて慣れさせるのもいいかも、と思いました。

 

というわけでようやくクライマックスに続く。

 

ふぅ。

| - | 15:37 | - | - |