CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
復活(*^▽^*)

ライトの爪が治りました☆

 

いやぁ〜若さってすごい。。。

ていうか、ライトが犬だからでしょうか???

爪が生え変わるのに3週間で済みました。すごーい!

 

もとは爪の根元が折れて、ボンドで割れた部分を止めてもらっていたけれど、私の不注意でそこがまた割れて……という事態になり、再負傷してから10日くらい経ったある日、ライトが下を向いて何かで遊んでるので、食べ物か何かだったらいけないと思ってみたら、なんと負傷していた爪がポロッと取れていたのです!!!

 

以下、その画像です。(ちょっと見苦しいので、お食事中の方はご注意ください)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とれた爪

↑もう、まんま、爪がそのままポロっと!!

なんか指の一部がそのまま落ちてるみたいに見えません!?

血もついてるし、見た瞬間「ひぃいいいい!!」ってなったんだけど、それより本体(足)のほうはどうなってるかと見たら、もう普通の爪が生えていました。

 

分かりにくい画像ですみません。

これはおそらく、人間の爪と違って根元から徐々に爪が生えるのではなく、蛇の脱皮みたいに、負傷した爪の下から新たな爪(もしくは生爪の表皮が硬くなったもの)が生爪を覆っていったのでしょう。

神経の通っている生爪の部分は綺麗な透明の爪になり、先のほうだけ負傷した名残りが残っています。

 

で!

びっくりしたのが、今回怪我をしたライト爪って、今まで黒かったんです。

なので以前の爪の名残りである、爪の先のほうは黒いまま。

ライトの肉球を見ると、黒とピンクのまだらで、黒い肉球部分の爪は黒く、ピンクの肉球部分の爪は白だったのですが、今回の怪我で、なぜかライトの爪の色が変わりました☆

これから黒くなるのかな〜?

 

ま、ともあれ負傷していた爪が取れ、新しい爪の様子をみるため2,3日は近所のお散歩にしていたのですが問題なかったので、海でのお散歩を復活しました!

 

海に行ったライトはもう、ものすっごく喜んでました。

 

今まで怪我していたときは、浜辺に続く道の手前で引き返したり脇道にそれていたのですが、ライトは「え、海に行かないの?」とすごく行きたそうに海への道を何度も何度も振り返っていました。

「怪我が治ってからね」「石がごろごろして危ないから」「海水は怪我に沁みるから」とは言ってはいましたが、とても切ない顔をするので、こういう時、言葉が伝わらないってもどかしいなぁと思っていました。

でも犬のすごいところは環境に適応する能力が高いことと、飼い主の思惑がわからなくても素直に従ってくれるところだなぁと、今回改めて思いました。

駄々を捏ねたり、吠えて文句を言ったりはせず、未練のある顔はするけれど諦めてくれて、そのことにだんだんと慣れて、しまいには「今日も海には行かないよ」と言うと「そっか」と素直についてきてくれるようになっていました。

 

でもやっぱり、本当はすごーく行きたかったんだな、というのがよくわかるのが以下の写メ(-_-;)

 

はしゃぎまくってるので……ぜんぜんいい画像が撮れませんでした。。。。

 

バイパスに車が通るのを待ってて、このときだけちょっと止まってくれるからピントが合うのですが……。

 

車が通るとダッシュしてあっという間にはるか彼方へ。。。

 

戻ってきても波で遊んだり走り回っているのでピンボケだらけ。。。

 

謎の物体。。。なんか写っちゃいけないものが写りこんでしまったような画像ですね。

 

 

↑赤い丸の中にかろうじて尻尾と後ろ足があるんですが(;´Д`)

 

 

波打ち際で波と戯れて遊んでます。

 

ともあれ、すごく嬉しそうで良かった。(これも走っているのでややピンボケ_| ̄|○)

 

いつもだったらそんなライトを眺めながらぼーっと時間をつぶしたりもするけれど、久々なのに全力で遊ぶので傷口が開いたりしたらいけないと思い、今回はいつもの三分の一くらいの、かなり短い時間で切り上げて帰ってきました。

 

↑で、帰りのライト。

足の爪からの出血はなくてよかったけど、ひさびさのドロドロ状態!

いつもは真っ白な首周りの襟巻きの毛が、砂でグレーに!!

 

顔にもいっぱい砂が飛び跳ねていて、お腹はもちろん、背中まで砂まみれになっていたので帰ってからは念入りにシャンプーしました。

 

怪我した当初は歩くのもヒョコヒョコだったので、全力で浜辺を駆ける姿が見れて私もホッとしました。

犬が走ってる姿って、本当に綺麗だなぁと思いました。

 

 

で、今はブログを書いている私の机の下ですごいカッコで寝てます。↓

シャッター音でちょっと目を開けちゃったかな?

すごい寝相で失礼しました〜m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

| - | 12:35 | - | - |
ライト負傷中(:_;)

8月に入ったばかりのころ、ライトが右前足の爪の先から出血してしまいました。

原因はわからないのですが、いつもはしゃいでいるので飛んだり跳ねたりして着地した場所が悪かったのかもしれません。

 

大したことないだろうと思っていたのですが、一日経ったら右前足を上げたまま残りの足だけで歩くようになってしまいました。

 

実は出血した当初、たまたま動物病院にいたので先生に診ていただいたところ、爪の出血はすぐに止まるし大丈夫、とのことだったのでお薬も処置もなく「そっかぁ」と楽観的な気持ちでいたのですが、翌日からライトがヨタヨタと右前足をあげたまま歩くようになり、さらにいつもの元気の10分の1くらいになってしまって、とても心配になってきました。

水を飲むときやトイレの時も、完全に右前足を上げたままぴょんぴょんと歩き、大好きなご飯の掛け声で飛び回るのも全くなし。

でも出血はないし、大丈夫って言われたし、大丈夫だよね? と、どうしていいのかわからないまま一日見守っていたのですが、そのまた翌日になってもライトはずっと右前足を上げたまま、ぴょんぴょん、ヨロヨロと歩き、けっきょくトイレも億劫になってしまったのか、いつも回数の三分の1くらいしかトイレにもいきませんでした。

 

で、居ても立ってもいられなくなり、もう一度動物病院へ。

ライトを庭に放して歩いているところを先生に見ていただくと、先生も爪先の出血でこんなに右前足をかばって歩くのは見たことがない、とおっしゃって、レントゲンを撮りましょう、ということになりました。

で、診察室へ戻って実際の負傷した爪を改めてよく見てみたら、実は爪先ではなく、爪の根元が割れていました。

爪の根元が割れているので当時の出血量も多く、足を着くのも痛かったのでしょう。人間で考えてみても、爪ってなぜかすっごい神経通ってるっていうか、爪の傷ってちょっとでもかなり痛いですよね(>_<)

で、レントゲンの必要はなくなって、抗生物質の薬の処方と爪の根元をきれいにしてボンドのようなもので塗って処置もしていただきました。

原因がわかってホッとしました。

 

ライトの右前足はけっこう受難続きで、幼少の頃に柵が倒れたときも右前足を痛め、7月の最初のほうでも実は捻挫をしています。

なので今後は本当に気を付けなければと思いました。

7月の捻挫の時は、やはりヨタヨタ歩いていたのですが今回ほど派手な感じはなく、しかも4〜5日安静にしていたら治ったのでよかったですが、今回は爪の根元が伸びるまで完治にはならないので、治るまでの期間の予測が難しいです。

 

とりあえず一日2回の抗生剤を与え(ご飯に混ぜたらバクバク食べてくれた)、お散歩は近所を一周くらい。

走らせずに歩かせる、というのを続けてみました。

徐々に元気を取り戻し、5日目くらいから完全にいつものように嬉しいときは飛び跳ね、家の中ではおもちゃなどで遊ぶし走り回っていたので、お散歩の距離も長くしてみました。

 

で、今日。

今日の湘南地方は曇りで涼しく、ケガから1週間経ってライトも元気ということもあり、久々に海に行くことにしました。

ライトもここ最近海に行けなくてとても残念そうだったので、いつものダッシュのような、思いっきり走ることはさせないにせよ、リードで少し歩こうかなぁという感じで行ったのですが、これが完全な判断ミスでした。

 

海に続く階段の一番上で嬉しそうにくるくる回りながら吠え、その後リードをもったまま海にでました。

石がゴロゴロしている浜辺で、波に入りたそうにしていましたが「今日はダメ」と言ってちょっと歩いたところでリードを離したら、ライトは私の周りを大きく2周くらいぐるぐると楽しそうに走りました。

気持ちいいねぇ〜なんて言ってふとライトの足を見たら……もう血が出てる!!!

 

慌ててリードをもって家に帰りました。

途中足場の悪いところは抱っこして、でもすっかり重たくなってしまったライトをずっと抱えることはできませんでした。

足が痛くなったりしないか心配でしたが、力尽きて途中で下ろして歩いてもらうことに。

ただでさえ重いのに、ライトは抱っこされているのが不思議らしく「暑いからおろして」と言わんばかりに体を何度もひねってくるので大変でした。

ていうか、ライトは出血にまったく気づいていない様子。

 

家に帰って足を洗う前に撮った画像↓

 

毛があるのでよく見えないのですが、毛をめくると爪の根本が割れていて、そこから爪先へと血が流れているので爪先をけがしているように見えます。

丁寧に水とクレンジングで洗って、痛いかもしれないけれどぎゅっと止血のつもりで拭いてあげて、ご褒美にコング(←おやつ)をあげたけど、やはりまったくなんのことかわかってなくて単純に喜ぶライト氏。

 

今は血も止まって、ご飯をあげた後はいつものようにはしゃいでましたが、またいつ血が出るかわからず私はハラハラしっぱなし。

なんども右前足を確認するのであげくにはライトも「なんでそこばっかりみるの? 僕もなめてみようか?」と興味を示しそうだったので慌てておもちゃで気をそらしたり。

とにかく、海に行ったのが間違いでした。

ものすっごく反省しました。

もう大丈夫かと思ってしまい、この楽観的な性格のせいでライトの傷が開いてしまうなんて。

ごめんねライト。

 

やっぱりどんなに元気に見えても可愛くねだられても、心を鬼にしてしばらくは近所の散歩にしておこう、と心に誓いました。

 

早く治りますように。

 

| - | 18:14 | - | - |
波遊びが大好きなので

曇りの日が嬉しい。。。

毎日暑いので日差しだけでも弱い方が助かるー。

……と思わず呟いてしまう湘南地方でございます。

 

さてさて、毎日のお散歩風景。

2017年7月末の海、ライト

波が相変わらず大好きなライト。

 

2017年7月末の海、ライト

けっこうな深さの波のときも元気に飛び跳ねます。

 

 

2017年7月末の海、ライト

いっしょに並んで歩く時もライトは波のほうを歩きます。

 

 

2017年7月末の海、ライト

バシャバシャと入ったあとは……

 

猛ダッシュをしたりもするので、もう毎日砂まみれ。

 

2017年7月末の海、ライト

濡れネズミならぬ、濡れワンコ状態。

なんかもう野生化してる。。。

しばらく放浪していたのか?!とも思えるような、野良状態のライト氏。

 

 

 

2017年7月末の海、ライト

でもすっごくご機嫌☆彡

 

そしてダッシュしたり波と戯れたあとのこのドロドロの状態のまま、ライトは座っている私や夫のそばに体をくっつけてピタっと寄り添ってくるので私たちの足腰も余波を受けてドロドロになります。

内心「ひえ〜〜〜〜!!!」と思うのですが、必ず戻ってきてくれることが嬉しいので「よしよし、楽しいねぇ♪」と撫でてあげます。

汚れを気にしていたら犬は飼えないですよね(^^)/

 

まぁほぼ毎日こんな感じなので、帰宅後のシャワーとドライが大変。

ライトは長毛種と言って毛が多くて長い犬種。

しかも、皮膚が弱いので太陽光が直接当たる背やわき腹部分は皮膚を守るためにも短く切ってはいけないそうです。

ですが首周りの毛もフッサフサでとにかく汚れやすい。

夏毛だけどモコモコで暑そう〜(>_<)

お散歩の後は足元はもちろんのこと、お腹も砂だらけだしお尻やしっぽも、時には背中のほうまで砂が飛んでいます。

 

というわけで、乾かしやすいようにお腹周りと足の毛をトリマーさんにカットしてもらいました。

カットする前

↑これがカットする前。

めぼしい画像がないのでわかりにくいと思いますが、足に「飾り毛」といって、足の先から足の付け根あたりまでフサフサした毛がついてます。

後ろ足のほうもフサフサしてます。

 

で、カットしたあと↓。

カットしたあと

 

 

ちょっとパピーのころみたいで懐かしいです(#^.^#)

ぴったりした靴下をはいてるみたいになりました。

で、お腹の内側のほうも短くしてもらったので、お散歩あとのシャワーとドライが格段にやりやすくなりました!!!

シェルティの毛は柔らかくて細くて長いので絡まると大変だし、お散歩中にいろんなものを毛に絡ませてくれます。

雑草や枯草、枯葉、花の種はもちろんのこと、それこそいいダシが取れそうな長〜い昆布とか引きずってくる時もあって、いつか魚が釣れるんじゃないだろうかと思ったりすることも(笑)

なので足まわりの毛を短くしていただいたことで砂を落とすことだけでなく、いろんなものを絡ませなくなってすごくよかったです。

 

とはいえ、シェルティーのこの飾り毛こそが魅力と思う方はたくさんいらっしゃると思います。

なので私の手際の悪さのために毛をカットすることはかわいそうなことなのかもしれません。

でも毎日のお散歩で思いっきり遊んでほしいし、長時間のドライヤー(そのくせうまく乾かせない)でライトに我慢を強いるよりはカットを選びました。

 

で、冒頭の砂遊びの後のシャワー後のライトくん。

 

2017年7月末、シャンプーあとのライト

元のふわふわ、モフモフのきれいな子になりました(^^♪←親ばか全開

 

それにしても「襟巻」の一部ともいわれる、白い胸毛部分、ここってシェルティの可愛さの象徴でもありますが、ほんとにすぐ汚れますよね!!

ご飯食べてるときとか、おもちゃで遊んでる時、走ってる時もフサフサしてるから一部口の中に入っちゃって、本人(本犬?)にしたらすっごい邪魔だろうなぁ〜っていつも思います。

 

 

 

| - | 22:21 | - | - |

今日もあつーい湘南地方です☆

 

蒸し暑く、日中スコールのような感じのにわか雨が降り、まさに亜熱帯気候!!

暑いです〜〜〜!!!

 

で、日が沈むころにお散歩に行ったら大きな虹が!!

虹2017年7月

↑はっきりした虹の外側にうっすらともう一つ虹が出ています。二重になってる。

肉眼だともっとはっきり見えました(^^♪

 

 

 

 

虹2017年7月

で、あいもかわらずライトと追いかけっこ。

今日の砂は水を含んでいたので足元を取られてすぐにバテた私(-_-;)

 

 

 

虹2017年7月

いっしょに虹を眺めたり。。。

 

最初は短かった虹が、時間が経つにつれて色がはっきりしてきて最後は半円を描いてました。

スマホでは全体像が撮り切れないほど大きくてくっきりした虹を見たのは久しぶりでとっても得した気分でした(*^^*)

 

話は変わりますが、前回のブログで紹介していた夫の電子書籍が結構売れて、そして嬉しいレビューがつきました。

夫が表紙に使ってくれた私の絵についての言葉もあり、とても嬉しかったです。

表紙をプリントアウトして飾ってくださったかたもいらっしゃったりして、夫の作品を通して直接は知らないけれど、どこかの誰かがそうやって作品を身近に感じてくださったり作品を共有してくださっているということに、めちゃくちゃ感動しました。

遅くなってしまいましたが、この場を借りて御礼と感謝を!!

ありがとうございました(*^▽^*)

 

 

 

| - | 20:38 | - | - |
夫の作品紹介☆彡(追記あり)

現在、kindleという電子書籍サイトで夫の作品が無料キャンペーンをしています(*^▽^*)

kindleのアプリを無料でダウンロードすればスマホでもPCでも読むことができます!

無料なのは今日から三日間だっけ?五日間?だったかな?

とにかく期間限定での無料キャンペーンですので、ぜひこの機会にダウンロードしてみて頂けたら嬉しいです♪

 

というわけで、簡単に夫の作品のご紹介をば(^^)/

新着順かと思いきや、順不同です。

 

足音にロック

「足音にロック」

私のダントツおススメ作品です(*^▽^*)

長編ですが、電子書籍だとどのくらいの分量かわかりにくいですよね。

普通の厚みの文庫一冊分くらいです。

物語の世界にいつの間にか入りこみ、出てくる登場人物のそれぞれの抱える背景や葛藤が心に残ります。

 

 

エイプリールフールに百歳で死ぬということ

「エイプリールフールに百歳で死ぬということ」

掌編小説集第三弾。

どれも3分くらいで読めます。

私の絵画教室の最後の日のことや夫の父の畑仕事のこと、今年亡くなった夫の祖父のことなど、身近な人たちの節目の出来事などがもとになったお話もいくつか入っています。

 

 

家出しなかった少年

「家出しなかった少年」

【追記】

すみません!!こちらは有料でした!!¥331!!

今年の4月に無料キャンペーンをしたばかりなので、またすぐには無料キャンペーンはできない仕組みだそうです。

 

掌編小説集第二弾。

こちらも3分程度で読めるお話が入っています。

シリアスやコメディ、悲しくなったり考えさせられたり、「んなわけないでしょ」と笑っちゃう話があったり。

表題作もすごく好きですが、個人的に「あるコンビニバイトの夢」を読むと元気が出ます。

 

 

小さな僕がカナブンと消えた

「小さな僕がカナブンと消えた」

掌編小説集第一弾。

夫が掌編小説を書き始めて初めて一冊の本という形にしたもので、100篇近い短編の中から選んだ38編(くらい)の掌編集。

バラエティに富んだ内容で、どの作品も私は好きです。

 

 

 

ドーナツと彼女の欠片

「ドーナツと彼女の欠片(かけら)」

こちらの作品も有料で¥108円です。

DIGクリエイティブアワードでグランプリを受賞した作品で、中編。

映画を作っていた夫が初めて書いた小説です。

小説を普段読まない私の父が、このお話にとても感動したと言っていたのが印象的でした。

 

 

ルチェルナのこと

「ルチェルナのこと」

長編小説。文庫一冊分くらい。

クライマックスのシーンが映画みたいです。

夫の長編作品の特徴に、群像劇的な要素があるように思います。オムニバス的要素ともいうべきか。

それぞれの登場人物によって展開されるお話、それぞれ独立した話が一つになっていく感覚があるのですが、ルチェルナがキーとなっています。

ちなみにルチェルナ、私はかなりお気に入りです(*^^*)

 

 

 

ガソリンゼロ

「ガソリンゼロ」

表題作を含め、4つの短編が入っています。

「ガソリンゼロ」の全編を流れる倦怠感をラストが吹き飛ばしてくれて、その感覚がすごくいいです。

あと「+1(プラスイチ)」のサブキャラの脇田くんが笑えてかなり面白い。

 

ちなみに表紙の絵は、すべて私の絵を使ってくれています。

少しでもいろんな人の目に触れるチャンスが増えるように、との夫の気遣いがありがたいです〜(*^^*)

 

私の絵は抽象画だし、夫のタイトルからも内容が全然思い浮かばないところがウチラっぽいと思いました、はい。

 

 

| - | 20:09 | - | - |
| 1/62PAGES | >>